令和元年度海事代理士資格者講習会が実施されました。

海事に関する研修会

 令和2年1月25日土曜日、一般社団法人日本海事代理士会主催の講習会が開催されました。海事代理士の業務を開始するにあたり身につけなければならないこと、勉強しなければならないことがたくさんあります。なので、このような研修会があるとなれば参加しないわけにはいきません。今回は東京港区で実施ということなので早速行ってきました。

海事代理士試験の独学⑤筆記試験会場の様子

海事代理士試験

 前回は筆記試験や口述試験の対策について書いてきました。今回は筆記試験当日の様子について書いてみたいと思います。実際の試験日の雰囲気や試験に対して参考になることがあればいいなと思いながら書きます。何しろとても長い時間の試験です。当日の時間のやりくりをうまく活用できれば十分マニュアルを復習できる時間が取れます。以下、当日の様子を書いていきます。

海事代理士試験の独学④口述試験の対策

海事代理士試験

 筆記試験合格発表もつかの間に、口述試験を迎えるわけです。この試験は例年落とさない試験と言われていました。しかし、過去には平成28年度76.88%、平成27年度69.46%、平成24年度60.38%と高いとは言えない倍率の年度がありました。一次試験に通過した人々は少なくとも勉強してきた人たちでしょう。その人たちの中の3割近い人数が落ちてしまったということは、これは油断のならぬ試験と見なすしかありません。今回は口述試験対策について触れたいと思います。

海事代理士登録について(関東運輸局にて)

海事代理士試験

 海事代理士として業務を行うためには登録をする必要があります。登録に必要な書類をそろえて登録を受けようとする地方運輸局にて手続きを行います。

必要書類は
・海事代理士登録申請書(第1号様式)
・宣誓書
・海事代理士試験合格証書の写し
・本籍地が記載された住民票の写し(私が登録をした時点では戸籍抄本でも可能でした。)
・登記されていないことの証明書
・3万円分の収入印紙
・業務に使用する職印

海事代理士試験の独学について①

海事代理士試験

 世の中には資格といっても様々なものがあります。今回は海事代理士について取り上げてみたいと思います。取り上げる内容は試験勉強の方法論を中心にしたいと思います。どうやって勉強するのか?どんな教材を使うのか?その教材をどう使うのか?私が実践したことを紹介したいと思います。それを基にして自分なりのやり方を模索していただければいいなと思います。参考にしてみてください。

除草作業はお済みですか?

エクステリア

秋ですね、だいぶ涼しくなりましたね。大変過ごしやすくなってきましたが、油断していた間に草がボーボーだなんてことになっていませんか?夏は暑くて草むしりをするのに耐えられなかったのですが涼しくなったこの時期に片付けてしまいましょう。

産業廃棄物収集運搬の許可をもらうための講習会について

産廃

産業廃棄物収集運搬の許可を取得するときに、その前提として講習会に参加して修了証をもらう必要があります。

「講習会って何?」

「どうやって参加するの?」

「いつあるの?」

素朴な疑問が多く寄せられます。今回は収集運搬の新規の講習会について触れてみたいと思います。

ページの先頭へ